全日本漬物協同組合連合会、発酵漬物認定委員会を開く 全日本漬物協同組合連合会(全漬連)は15日、発酵漬物を全漬連として定義し認定するための2回目の委員会を開催した。漬物に限らず発酵食品について広い視野で調査し、全漬連傘下の各県の認定例や乳等省令などを資料として収集し、菌数などで一定の線引き...
18年ビール類、3社前年超え挑む 多様性訴求試される手腕 18年のビール類市場は、大手3社がトータルでの前年比プラスに挑む。人口減による漸減基調に加え、3月から業務用の一部商品が値上げとなる今年。昨年の改正酒税法の施行に続く逆風となるが、ビールの定義が4月に変更・拡大されることに伴い、複数の新商...
日本食糧新聞電子版はこちら