食品ヒット大賞の概要

食品ヒット大賞の概要
写真
   
昭和57年「日本食糧新聞」創刊40周年を記念して設けられました。
毎年1回、前年度の食品界においてもっともヒットした製品を全国100社を超えるモニター企業からの推薦により選考し、表彰いたします。

■対象商品

  1. 対象はその年度(1〜12月)の一年間に食品業界の新しい商材として、業界に活発な需要を生み出し、その商品を取り扱う流通部門を潤すとともに市場を活性化した商品といたします。
  2. 新商品として発表された年度にはこだわらず、市場でその年度間にヒットした商品といたします。
  3. 家庭向けの加工食品(酒類・飲料を含む)を対象といたします。
  4. ロングセラー賞は戦後に開発された商品で、時代ニーズを先取りし、10年以上にわたる長期間、その分野で上位の売上げを確保し、今日に至るまで流通部門を潤している商品を対象といたします。

■選考方法

  1. 地域ごとに「食品ヒット大賞」推薦モニター企業を選出し、該当商品の推薦を依頼いたします。
  2. モニター企業による推薦と社内の討議結果を資料として提出し、選考委員会で決定いたします。

■賞の種類

  食品ヒット大賞、優秀ヒット賞、ロングセラー賞

■評価基準

  1. 需要創製に貢献したもの
  2. 市場活性化に役立ったもの
  3. 販売増加に寄与したもの
  4. アイディアに富んだ広告・販促活動が効果をあげたもの
  5. 所属産業でリーダー的な起爆剤となったもの
  6. 産業・ビジネスの新しい方向を指向した新規性のあったもの

■選考委員(敬称略、選考委員長以下の氏名50音順

選考委員長 早稲田大学商学部 名誉教授 亀井昭宏
選考委員 国分グループ本社株式会社 代表取締役会長兼社長CEO 國分勘兵衛
選考委員 株式会社日本アクセス 代表取締役会長 田中茂治
選考委員 日本酒類販売株式会社 代表取締役社長 田中正昭
選考委員 伊藤忠食品株式会社 代表取締役社長 濱口泰三
選考委員 三井食品株式会社 代表取締役社長 藤吉泰晴
選考委員 株式会社日本食糧新聞社 代表取締役会長CEO 今野正義

 

■受賞一覧

ページの先頭へ